G-MSHVXRZYEZ 第171回 直木賞受賞作【ツミデミック】一穂ミチ 感想、ネタバレあり

第171回 直木賞受賞作【ツミデミック】一穂ミチ 感想、ネタバレあり

Uncategorized

第171回直木賞受賞作品‼️

2024本屋大賞受賞作品

全6篇からなる短編集

所々に配置される伏線が、

物語の恐怖を煽ってくる。

些細な望みを叶えようとして、

結果として罪となる様子が

見事に表現されている良作!!

人の悪意の真髄を知ることになる。。

各章ごとに解説していきます。

違う羽の鳥

歌舞伎町でキャッチのバイトをする青年「 優斗 」

自分を見つめ、声をかけてくる女性と知り合う。

自分に近づいてきた目的も不明で、

美人局かも。。。

という不審感を抱きながら、

女性のアプローチに乗ってしまう「 優斗 」。

彼女が名乗った名前は「 井上なぎさ 」

中学の時に自○したはずの女性と同じ名前。

「 なぎさ 」は本人なのか?

自○したのは誰なのか?

「 なぎさ 」が語った真実を聞いた時、

あなたは「 なぎさ 」を責められますか?

ロマンス⭐︎

感染症が流行する中、

子育てに追われる日々の「 百合 」。

夫の言いなりになり一人我慢する毎日。

娘と帰宅途中、

食品配達をするイケメンを見かける。
(ウー○ーイーツのようなもの)

イケメンに会いたく配達を依頼する「 百合 」。

「これはガチャと同じ。いつか当たる。」

として自分を納得させ、

彼に会うまで続けようとする「 百合 」。

毎日ハズレとなるガチャを引きながら、

いつか彼に会えることを夢想する。

ギャンブル依存症にかかったように

配達をたのむ日々がいつしか終わりを迎える時、

自身が「 ガチャ 」されていたことを知る。

憐光

豪雨の日に行方不明になった「 唯 」。

15年後に○体の骨の一部が見つかった。

「 唯 」を弔うために

当時高校生だった親友の「 つばさ 」と

当時の担任だった「 杉田 」が

「 唯 」の実家を訪れる。

15年の歳月を経て、

現世に幽霊として復活した「 唯 」。

幽霊となっている自分はなぜ○んだのか?

知りたくなかったのか?

知ってはいけなかったのか?

行方不明になった日の記憶が徐々によみがえる。

登場人物の全員が

同情できない罪を抱えている。

唯一の被害者は

自らの記憶に蓋をした「 唯 」だけだった。

特別縁故者

料理人としての職を失い

当てもなくダラダラと毎日を過ごす「 恭一 」

妻の「 朋子 」は昼も夜も働き、

夫婦関係は亀裂が入りかけている。

息子の「 隼 」が近くの家の独居老人の家で

お手伝いをしたところ、

御礼に1万円札をもらってきた。

「 もっと貰えるかも… 」

というゲスな勘繰りをしつつ、

得意な料理で御礼の品を作り、

老人に近づく。

「 好きなことで人を喜ばせる 」

お金だけをみて仕事を探す毎日が、

老人に手料理を振る舞ったことで、

料理で人を楽しませることを思い出す「恭一」。

少しウルっとくる、

縁が結ぶ家族再生物語。

祝福の歌

親子を証明するものはなんだろうか?

血縁?それとも一緒にいる期間?

17歳の娘「 菜花 」が妊娠した。

本人は「 産みたい 」の一点張り。

優柔不断な性格である菜花の父「 達郎 」は

ただ時間が過ぎる中、決断できずにいた。

「 菜花 」の相手の男は高校生。

相手方の親も反対している中、

「 達郎 」は自身の血液型が

母からは生まれない血液型だと知る。

自分は誰の子か?

真実を知る時、

血縁関係以上の暖かい気持ちが生まれる。

さざなみドライブ

ツィッターで知り合った5名の男女。

全員が共通の目的で集まっていた。

目的は「 一緒に○ぬこと 」。

最後だからと言う理由で

動機を尋ね、身の内を話していると

今日○ぬことを躊躇するようになる。

自○を思いとどまったあと、

真の悪意が牙を剥く!!

まとめ

全6篇はどれもが見応えのある内容。

人の本性ほど恐ろしく、

反対に温かみに満ちていると感じさせてくれた。

間違いなくおすすめできる内容です。

\ 人の悪意ほど恐ろしいものはない‼️ /


コメント

タイトルとURLをコピーしました