G-MSHVXRZYEZ 【パレートの誤算】:柚月裕子 感想

【パレートの誤算】:柚月裕子 感想

Uncategorized

こんな方々のために書きました

  • 「ケースワーカーの仕事に興味がある方」
  • 「ミステリーが好きな方」
  • 「柚月裕子の本が好きな方」

ベテランケースワーカーの山川が殺された。新人職員の牧野聡美は彼のあとを継ぎ、生活保護受給世帯を訪問し支援を行うことに。仕事熱心で人望も厚い山川だったが、訪問先のアパートが燃え、焼け跡から撲殺死体で発見されていた。聡美は、受給者を訪ねるうちに山川がヤクザと不適切な関係を持っていた可能性に気付くが…。生活保護の闇に迫る、渾身の社会派ミステリー!

「パレートの誤算」裏表紙より

パレート =「 パレートの法則 」のこと

「パレートの法則」

「80:20の法則」ともいわれ、「売上げの8割は2割の社員に依存する」といった傾向をさす。集団の報酬や評価が一部の構成員に集中するという経験則。

野村総合研究所より

皆さんは生活保護受給者に対して

どんなイメージを持っていますか?

私は受給者の全員ではないのを承知でいいますと

「働かない怠け者」

というイメージを持っています。

あらすじ

市役所の臨時職員である主人公の「牧野聡美」は

児童福祉課を希望していたが、

生活保護受給者の管理や相談を行う社会福祉課に配属される。

忌み嫌う生活保護受給者たちを相手にしながら

日々鬱屈した感情を抱きながら淡々と業務を行っていた。

同じ課に所属する「山川」が

「いずれケースワーカーの仕事に誇りを持って取り組めるよ」

と、尊敬する先輩に言われても仕事のやりがいを見出せずにいた。

そのような時、「山川」の訪問先で火事が起こり、

「山川」の遺体が発見される。

遺体には他殺の可能性を感じさせる痕跡が見つかり、

警察が動き出す。

「山川」の死を悼む暇もなく、

生活保護受給者と「山川」の死に繋がりがある可能性が浮上する。

さらにヤクザ組織が生活保護の不正受給に関与し、

そこに「山川」も関与している疑いが出てくる。

尊敬していた「山川」を信じたいと思う気持ちと

信じ切れない気持ちが葛藤する。

市役所、ヤクザ、生活保護受給者、警察

誰が善で誰が悪か、

それぞれの思惑が入り乱れる描写を上手に描いている。

本当の悪党は善人の皮を被っていると教えられる。

おわりに

生活保護受給者=「働かない怠け者

というイメージは完全に払拭できなかったが、

ミステリーとして大いに楽しめる内容でした。

事件が起こった動機を丁寧に書き綴っています。

柚月裕子さんの作品はミステリーものが多く、

ミステリー好き、柚月裕子さん好きはぜひ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました