G-MSHVXRZYEZ 【人間標本】湊かなえ 感想ネタバレあり

【人間標本】湊かなえ 感想ネタバレあり

Uncategorized

標本:動物・植物・鉱物などで、その種類の物の有様を示すために採集した実物のみほん。

goo辞書より

「 人間を標本にする 」という

かなりサイコパスな内容だが、

真実は守りたい人を思う気持ちが

サイコパスな犯罪へ駆り立ててしまう

誰も救われないストーリー。


ネタバレ

序盤から標本にされた人間の○体が

6体、イラストもついて紹介される。

人(特に少年少女)を見ると

蝶々に見えてしまう感覚の「 榊史郎 (さかきしろう)」

彼が行った人間を標本にする猟奇○人の内容が

蝶の標本作品として鮮明に描かれている。

かなりサイコパスな内容だが、

真実は「 榊史郎 」は

6人を標本にした訳ではなく、

標本にしたのは、

息子の「 榊至(いたる) 」ただ1人だけだった。

息子の「 至 」が猟奇○人を犯したと知り、

自分がその罪を被るべく、

息子を含む6人全員を○したように見せかけ、

全ての罪を被った。

最終章、

標本にした人物は「 至 」の知人である

「一ノ瀬杏奈」が行っていたこと、

さらに「 至 」が「 杏奈 」を手伝っていただけだと知る。

その「 杏奈 」も実母で芸術家の「 留美 」の指示により、

人間を標本にしてしまったという

真実を知ることになる「 史郎 」。

息子を信じ切れなかったやるせなさ、

あまりのグロテクス表現から一変して、

息子への深い愛情と

息子を信じ切れず、

○害した後悔が押し迫る終盤は

胸を締め付けられる想いだった。

感想

「 湊かなえ 」の作品でおすすめは?

と聞かれれば、

私は即答でデビュー作「 告白 」と答えている。

今回の「 人間標本 」は

デビューから15年の書き下ろし作品で

長年数々の作品を世に送り出してきた

大ベテラン作家だが、

裏を返せば「 デビュー作以外は微妙 」

という感想だった。

しかし、

「 人間標本 」は人の心理描写を丁寧に描き、

読者を誘導している。

そのため初見で読者が予想や考察では

辿り着けない結末に仕上がっている。

読後は

息子を手にかけた「 史郎 」の切なさが見事に描かれ

胸が苦しくなる誰も救われない物語。

今後「 湊かなえ 」作品のおすすめは?

と聞かれれば

間違いなく「 人間標本 」と答えるだろう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました