G-MSHVXRZYEZ 【墓じまいラプソディ】垣谷美雨 感想・ネタバレ

【墓じまいラプソディ】垣谷美雨 感想・ネタバレ

Uncategorized

感想

現代日本の抱える

「夫婦の戸籍」「お墓」「少子化」に

関する事情をフォーカスし、

さらにフィクションながら

芯のついた内容で紹介してくれている。

登場人物のうち

男性側は理解がなく頑固、

女性側は男性よりも弱い存在。

といった形で描かれる。

男性側は態度や行動で内面を描写し、

女性側は本音を心の中で叫ぶように描いている。

作品の中で特に面白いのが

  • 非常識とも言える発言で周囲をドン引きさせる女性「松尾五月」
  • 「松尾家」の菩提寺住職による柔軟な発言

これらの人物の発言がスパイスとなって

戸籍問題やお墓事情という

日本の抱える難題を痛快に笑わせてたり、

納得させてくれる。

自分にもそう遠くない未来、

この本の訴える課題がのしかかってくることは明白であり、

とても人ごとではなかった。

ネタバレ

「夫婦の戸籍」「お墓事情」といった

日本の抱える難題に対する

最適解を示しているわけではないが、

純粋に楽しめた。

あくまでフィクションとして、

  • 「お墓なんてどこでもいい」
  • 「妻が夫の姓を名乗らなくても良い」
  • 「○んだ人より生きている人」

と言った一つの考え方はとても面白かった。

前半から中盤にかけて、

登場する男性陣のダメっぷりを

「コレでもかっ!!」と教えられる。

終盤になり

急に男性陣の意見が柔軟になっていく様子は

少し勇み足な感じがして、

ついて行きづらかった。

最高に痛快だったシーンは

中盤の墓じまいに反対する伯母に対して

「 松尾五月 」が放った一言。

「伯母さんが○んでから墓じまいすれば丸く収まりますよ。○んだら何もわからないですし。。。」

豪快に吹いてしまったww



コメント

タイトルとURLをコピーしました