G-MSHVXRZYEZ 【誉田哲也】首木の民 感想ネタバレあり

【誉田哲也】首木の民 感想ネタバレあり

お金

大学教授の「 久和秀昭 」が逮捕された。

「 久和 」の車内から血痕のついた財布が発見されたことと

公務執行妨害によるもの。

志村署の刑組課係長「 佐久間龍平 」は、

「 久和 」の取り調べを担当することになった。

取り調べでは完全否認をする「 久和 」だが、

話す内容が大学の講義さながらの様相となる。

取り調べではなく講義が続く毎日、

佐久間班が捜査を進めると、

事件は思わぬ展開を迎え、

日本官僚、特に財務省の闇を知ることになる。

  • 刑組課係長「 佐久間龍平 」
  • 刑組課「 中田三都(なかたみつ) 」
  • 財務省事務次官「 谷口康三 」

3名の視点で語られる物語。

フィクションとはいえ、ノンフィクションのような

日本財政の真実と財務省の闇の根幹を描写している。

何気ない一言や難解すぎない伏線が

物語が進む中で回収される瞬間

納得と感動が押し寄せる。

「 首木 」とは税を課せられた者のことで

財務省官僚以外の日本国民全員を指す造語

本文より一部引用

単純にサスペンス要素も面白いが、

日本の金融事情や国債などの用語を

分かりやすく丁寧に解説してくれる名著。

フィクションだが経済誌を見るより

経済のことを理解しやすく、

サスペンスものとしても

面白い内容だった。



コメント

タイトルとURLをコピーしました