G-MSHVXRZYEZ 2024本屋大賞受賞【 成瀬は天下を取りに行く 】宮島未奈 あらすじ ネタバレあり

2024本屋大賞受賞【 成瀬は天下を取りに行く 】宮島未奈 あらすじ ネタバレあり

Uncategorized

本屋大賞2024 が発表され

見事1位に輝いた

「 成瀬は天下を取りに行く 」


を読んでみましたので、

早速感想を述べていきます。

※ネタバレありですのであらかじめご了承ください。

どんな話?

舞台は滋賀県大津市にある膳所中学校から始まります。

周りの人より少しだけ何でもできて、

周囲を寄せ付けないオーラを放つ少女「 成瀬あかり 」。

彼女を取り巻く人物や周囲の目線で語られる青春群像劇です。

個性の塊「成瀬あかり」が起こす数々の挑戦に

周囲が振り回される、

まさに「 成瀬あかり = 主人公 」感 MAX !!

時間軸が変わっても「 成瀬あかり 」を中心にした物語は

常に誰かの心を動かしている。

短編集のため一つ一つの話の区切りがはっきりし、

読み進めやすい作品となっています。

ありがとう西武大津店

44年間街のシンボル的存在だった「西武大津店」が閉店することになった。

閉店までの30日間、カウントダウンが行われ、

地元のテレビ局が毎日西武大津店に訪れることになった。

テレビ局が毎日来ることを知った「 成瀬あかり 」は

友人の「 島崎みゆき 」に「 夏を西武に捧げる 」と言い

さらに「 毎日テレビに映るからチェックしてほしい 」と頼む。

宣言通りテレビに映った「 成瀬 」だが、

その格好はなぜか西武ライオンズのユニフォームを着ていた。

始めは気に留めなかった人々が毎日テレビに映る、

「 ライオンズのユニフォームをきた少女 」に注目し出す。

膳所から来ました

「 お笑いで頂点を目指す 」と言い出した「 成瀬 」

M-1グランプリ出場のため、「 島崎 」を誘い

漫才コンビ、膳所(ぜぜ)出身の「 ゼゼカラ 」を結成。

プロ注目の若手漫才師たちとの出会いや

プロの漫才師たちの凄さを知り

研究を重ねて M-1 グランプリの 1回選に出場する。

階段は走らない

西武大津店の閉店を耳にした「 稲枝敬太 」

友人の「 吉嶺マサル 」と「 西武が無くなる前に行っておこう 」

という提案で久しぶりに西武で集合することに。

アラフォーとなったかつての同級生たちと出会い、昔話をしていると、

不意に小学校時代にケンカ別れをした「 笹塚拓郎 」のことが気になった。

ケンカをしてすぐに転校してしまった「 拓郎 」が気になり、

「 マサル 」の提案で小学校の同窓会を開催することを企画する。

線がつながる

「 西武大津店 」閉店から1年半後、

高校生になった「 成瀬 」

そして小学生から知り合いの「 大貫かえで 」

「 かえで 」は「 成瀬 」が苦手だった。

高校に入っていきなり坊主頭にした「 成瀬 」

相変わらず周囲との距離を感じさせる言動に

「 かえで 」はいつもわだかまりを覚える。

かるた部に所属する「 成瀬 」。

相変わらず不思議なオーラは健在である。

レッツゴーミシガン

かるたの全国大会 広島県の代表として滋賀県大津市を訪れていた、

「 西浦航一郎 」は一際 異彩な動きをする女性「 成瀬 」から目を離せずにいた。

同じ高校に所属するプレイボーイの「 中橋結希人 」の計らいで、

「 成瀬 」に話しかけることに成功する。

異彩な雰囲気はかるただけでなく、

急に琵琶湖デートに「 西浦 」と「 中橋 」の二人を誘う「 成瀬 」。

意外すぎる展開に唖然としながら、

「 西浦 」は自身の気持ちが「 成瀬 」への好意だと確信し、

気持ちを打ち明ける。

ときめき江州音頭

高校3年生となった「 成瀬 」

突如「 島崎みゆき 」から「 東京に引っ越す 」と知らされる。

今までマイペースで過ごしてきた中で、

「 島崎 」がいなくなることへの不安から

何をしてもうまくいかなくなる「 成瀬 」

「 島崎 」が自分にとってどれだけ大きな存在だったかを痛感する。

地元のお祭り「 ときめき夏祭り」で

総合司会を務めることになった漫才コンビ「 ゼゼカラ 」

もう一度、皆の前で漫才を披露することに。

まとめ

主人公「 成瀬 」を取り巻く人物たちの視点で物語が進み、

「 成瀬 」に翻弄されながら、前に進んでいく

少し甘酸っぱい青春を感じさせる。

特別な人などいなく、

誰もがもがき悩む姿を等身大で教えてくれる作品でした。

本屋大賞ノミネート作品にハズレなし!!



コメント

タイトルとURLをコピーしました